« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

自分との戦い

ホントへこみます。

やっぱり一人って怖い。

行っていいのかな?
とか、どう廻ろう、とか。
何事にも自信のない私は、一人でフィールドに出るとものすごく弱い。

NOが重なって泣きそうになるし。
実際昨日はトイレの個室にこもって泣いてたし(笑)

足が痛いのは当然あるけど、それはたぶん言い訳なんだ。
格好悪いよなー。

でも泣いた後、初めて自分の力で1件。

とったどーヾ(≧∇≦*)ゝ

えへへ。

何をどうしゃべったか全然覚えてません。

でもどうやら、何かが伝わってくれたみたいです★

ただ、1件位で喜んでられないんですよね。
なんせ歩合制だから(笑)1日3件は取らなきゃ生活できない。

頑張れ自分!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

就職決定!その2

昨日の私に続いて、数ヶ月求職中だった兄も無事就職が決まりました!

いやぁめでたい。

良いことって続きますね( ´艸`)

まぁ、そもそも兄妹そろって職もなく家に居たわけですから、親にとってはでっかい荷物だったわけで、辞めるにしたって先のことを考えて辞めればニートなんてしなくてもよかったんだろうけど。

それも卒業ですね。

ワッショイ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

就職決定!

昨日面接を受けた会社から早速連絡があり、無事、就職決定いたしました!

前にアルバイトとして働いていたネットカフェを辞めてから丸1ヶ月。

本当はまたアルバイトとして働ける場所を探していたのですが、このたった一月の間の出会いや出来事が、少しずつ私の考えを変えていったようです。

元々役者としてプロになる(要するに芝居でご飯が食べれる人間になる)為に大学を辞め、いつか東京に行く為に地元の宮城で演劇をしながらアルバイト生活をしていたわけですが、最近は、そこにこだわらなくてもいいのではないかと思い始めています。

当然のことですが、プロになるというのは並大抵のことではなく、ましてやそれを続けていくのは本当に難しいことです。

でもプロでなくたって良い芝居をする人はたくさんいて、演劇にかける思いや必死さはプロにも負けない場合がある。

仕事ではないけど趣味でもなく、ライフワークとして演劇を作る人たちがいる。

プロでなくても、一生演劇を続けていくことはできるんですよね。

そんな、もっと早く気づいてもよさそうなことに、頑固で不器用な私はやっとたどり着いたみたいです。

ぐるぐると、回り道をしながら。

でも、就職したからといってここをゴールにする気はありません。

ここはあくまで私のステップの1つです。仕事も自分にプラスになりそうな内容なので、ここで色々学んで行きたいと思っています。

演劇は一生続けていくし、少し方向は変わっても目標がある。

大丈夫。私はもっと上に行ける。

そんなわけで、来週からは新生活のスタートです。

がんばるぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

着物の余り布でお誂え

前に誂えた着物の余り布で、バラの形の髪飾りを作ってみました。

090106_22440001

そんでウチの愛娘、リトルプーリップのミランダに付けてみました(*´艸`*)

090107_00280001 かっ…可愛いheart01
(親バカ)

余り布って色々作れて楽しいです。

布を持ち込んで、着物屋さんで加工してもくれるみたい。お店によるのかな?
布の長さにもよるけど、シュシュや以前写真を載せたコスメポーチは安くて割と少ない布でも加工できます。

でもシュシュくらいだったら自分で作った方が早いよなぁ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

決めたんだ

一緒に歩いてこうって


決めたんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

煎茶とお汁粉

煎茶とお汁粉
おかんに「おっさんじゃん」って言われました。
だって美味しいじゃないですか(T_T)
お汁粉なんて家で作るのなんてこの季節しかないし。

でもちょっと体重に響いて来たようなので、一応控えます…orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明けたー

明けました。
明けて3日も経ってしまいました。
遅ればせながら明けましておめでとうございます。


どうも、ぽちです。


皆様お元気ですか?
冬休みがある方も無い方もれっつえんじょい初売り。福袋買いましたか?
そして初詣は行きましたか?
私はばっちり着物で行ってきましたよー。
ものもらいなんで目には眼帯付けてますが。
おみくじは「吉」
旅立ちも引っ越しもすんなってさ。
…これは私に東京に行くなと言ってる?
あと、恋敵に注意だって。
むぅ(-ω-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »